表参道の美容クリニックで下眼瞼たるみとり治療

自分の顔の嫌いな部分や悩み

薄い唇や低い鼻やまばらな眉毛や左右アンバランスな二重幅や横に出っ張った頬骨や緩んだフェイスラインや短くて少ないまつ毛など、自分の顔の嫌いな部分や悩みや欠点やコンプレックスを数え上げたらきりがありませんが、今いちばん何とかしたいなと感じているのが下眼瞼のたるみです。
下眼瞼がたるんでいることによって生じる深刻な問題についてですが、目の下のクマがどんどん目立つようになり黒ずみやくすみや頬のシミと相まって目元が暗い印象になってしまう、コンシーラーやコントロールカラーやトーンアップクリームやパール配合の下地やアイシャドウやチークなどのコスメでは太刀打ちできない、疲れていたり体調が悪かったりするわけでは無いのにいつもクマが出来ているので周りの人に心配されてしまい恥ずかしい気持ちになる、涙袋とは別物の凹凸があることで頬の上の部分に不自然な線が入るなどがあります。
昔からクマが出来やすいタイプでしたが、年齢を重ねるにつれてそれが顕著になってきました。
ピンク系のコントロールカラーを塗ったりコンシーラーでカバーしたりラメやパールで誤魔化したりしても消えない頑固なたるみで、マッサージやパックや美顔器でスペシャルケアを施しても改善されません。
ハイライトとチークを駆使してベースメイクを完璧に仕上げれば何とか目立たなくさせることは可能ですが、意外と手間と時間がかかり毎朝やるとなるとかなりしんどいです。
この悩みが永遠に続くということを考えると憂鬱で暗い気持ちになり、女子力もモチベーションもテンションも美意識も何もかもが低下して行くなと感じたので、表参道の美容クリニックで下眼瞼たるみとり治療をすることに決めました。
カウンセリングを受けて症状を確認し、下眼瞼脱脂とヒアルロン酸注入でたるみを取り除くことになりました。
治療を行うことのメリットだけではなく、治療によって生じるデメリットやリスクや術後の注意事項などについても詳しく説明してもらい、恐怖や不安を感じることは無かったです。

自分の顔の嫌いな部分や悩み麻痺させてから治療をするので痛みは全くありませんダウンタイムは数週間程度